品川区でエアコン内部洗浄!!手順の紹介(^^♪

おそうじ革命品川旗の台店

070-3225-4620

[ 受付時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 不定休

おそうじ革命品川旗の台店 担当:すのはら

lv

品川区でエアコン内部洗浄!!手順の紹介(^^♪

エアコン

2017/06/29 品川区でエアコン内部洗浄!!手順の紹介(^^♪

店長のすのはらです。

ブログの閲覧、ありがとうございます。

 

今回のテーマは、エアコン内部洗浄の手順です。おそうじ革命品川旗の台店が行っている、エアコンクリーニングの手順をお伝えできればと思っています。

 

まずは、洗浄箇所。大きく分けて3カ所。

1.熱交換器(アルミフィン)

2.吹き出し口(ルーバー、シロッコファン)

3.カバー(フィルター等)

この3カ所を効率よく洗浄していきます。エアコン壁掛け一般の場合、作業時間は約1時間位。環境によって時間は前後しますが、1時間でエアコンをピッカピカに仕上げます。また、エアコンに自動お掃除機能がついていたり、天井埋め込み型もありますが、基本的にキレイにする個所は変わりません。

 

一番簡単な「エアコン壁掛け一般」の作業手順です。

1.運転確認

DSCF1972

作業の一番最初にもともと故障がないか、実際エアコンに電源を入れて確認します。吹き出し口から冷たい風が出てくるか、臭いがあるか、強弱はできるか?ルーバーは正常に動くかを確認します。異常が見られる場合は、最初の運転確認でお客様に報告してから作業を開始します。

 

2.エアコンカバー取り外し

DSCF1973

本体から取り外せるものは極力取り外します。すると洗浄したい熱交換器(アルミフィン)、吹き出し口の中のシロッコファンが見え、エアコン本体を丸裸にします。

DSCF1974

 

3.本体の養生と、洗剤の付け置き

DSCF1969

周りに汚水が飛び散っても汚れないように、回りにビニールで囲います。またエコンの基盤部分に水が掛からないようにします。プロのエアコン洗浄では一番重要視したいところです。今回はエアコンの下にベッドがあり、少し厚めに養生しています。

しっかり養生したら、熱交換器(アルミフィン)と吹き出し口の内部に専用の洗剤を噴霧します。洗剤が汚れに浸透するように、約10分位放置して付け置きをします。漬け置きの時間は、先ほど外したカバーを水洗いし、高圧洗浄機をセットします。

 

4.高圧洗浄

DSCF1970

先ほど付け置きした洗剤を洗い流すように、高圧洗浄機で水をかけます。写真がビミョウですが、右側が洗浄後、左側が洗剤つけ置き状態のままです。熱交換器に付着しているホコリ汚れとカビ汚れが洗い流されています。

DSCF1985

吹き出し口の中は構複雑で、御家庭で洗浄するにはかなりの手間がかかります。ここら辺はプロの仕上がりです(`・ω・´)ゞ

 

5.組み立て

6.最後の運転確認

カバーや吹き出し口、エアコンの熱交換器など、ビッシャー!と水を掛けているので、運転の確認をしながら内部を乾かします。出てくる水滴をふき取りながら、最後の確認をします。

 

エアコンの内部洗浄は、御家庭でもできなくはありません。最近は動画サイトYouTubeでも紹介されているやり方を実践するば、キレイになります。一方、プロに頼めば、今回の作業は約一時間弱で作業は終了します。

 

年に一度のエアコン内部洗浄、おそうじ革命品川旗の台店に御用命いただければと思います(^^)/

 

↓気になるお値段は

エアコンクリーニング

 

↓エアコン清掃で相談してみる

すのはら店長

 

◇──────────────────◇
お問い合わせはこちら

おそうじ革命品川旗の台店 担当:すのはら
[ 営業時間 ] 8:00~20:00
[ 定休日 ] 不定休
TEL:070-3225-4620
◇──────────────────◇

TOP