洗剤まぜたら明らかにヤバイ!! 「塩素ガス」の対応方法とは?

おそうじ革命品川旗の台店

070-3225-4620

[ 受付時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 不定休

おそうじ革命品川旗の台店 担当:すのはら

lv

洗剤まぜたら明らかにヤバイ!! 「塩素ガス」の対応方法とは?

水回り|掃除コラム

2019/02/17 洗剤まぜたら明らかにヤバイ!! 「塩素ガス」の対応方法とは?

「カビ取り用洗剤」と、トイレ用「酸性洗剤」には、「混ぜるな危険」の文字が大きく書かれています。混ぜると毒性が高い「塩素ガス」が発生するからです。確かに、洗剤を混ぜることで死亡事故が起きているようですが、それほど怖がる必要はないのかなと思います。そこで「塩素ガス」の特徴と、もし万が一洗剤が混ざってしまって「ヤバイ!!」と思った時の対処方法をまとめてみました。

DSCF2796

1.そもそも「塩素ガス」ってなに?

2.実際混ぜるとどうなる?

3.実は簡単!!「塩素ガス」対処方法

 

1.そもそも「塩素」ってなに?

「塩素ガス」「Cl₂(シーエルツー)」「二塩素」の三つの単語は同義で、中学、高校の化学の授業で出てくる「塩素」のことです。

塩化ナトリウム水溶液(食塩水)から※電気分解で生成されます。「純度100%の塩素」というと気体で存在するため、「塩素ガス」と呼ばれています。日常生活では「塩素」を気体そのまま利用することが困難です。なので、安定させるために、水酸化ナトリウム水溶液と「塩素」を反応させて「次亜塩素酸ナトリウム」の形で利用されます。これが「カビ取り用洗剤」の主成分です。よく洗剤の成分表には書かれているのでチェックしてみてください

 

※正しくは「イオン交換膜法」

 

2.実際混ぜるとどうなる?

「カビ取り洗剤」の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」と、トイレ用酸性洗剤の主成分である「塩酸」を混ぜると、下記のような化学式になります。

NaClO + 2HCl = NaCl + H₂O + Cl₂

次亜塩素酸ナトリウム + 塩酸 = 塩化ナトリウム + 水 + 塩素

せっかく塩化ナトリウム(食塩)から分解して、水酸化ナトリウム水溶液に反応させて生成した「次亜塩素酸ナトリウム」。酸性洗剤を混ぜることによって、元の塩化ナトリウム(食塩)に戻ってしまいます。おまけ、という感じで有毒な「塩素ガス」発生です。

化学式だけでみると、せっかく「カビ取り洗剤」を作ったのに…何となくもったいない気がします。

 

3.実は簡単!!「塩素ガス」対処方法

さて、最後に「塩素ガス」対処方法です。「塩素ガス」の特徴は3つあるので、それをもとに対処していきます。

「塩素ガス」の特徴の一つは「明らかにヤバイ臭い」です。かなり昔は化学兵器として生成していた様ですが、「臭いですぐバレる」ということでなくなったとか。ヤバイ臭いから遠ざかれば問題なしです。

第2の特徴は「空気より重い」ということ。塩素ガスは床に近いところを流れていくので、座っていたら立ち上がることで対処できます。また、重たいといっても、換気さえしてしまえば空気で薄まってしまうので、恐れる必要なしです。

第3の特徴は「水に溶けやすい」ということ。もしお風呂の掃除で、カビ取り洗剤を混ぜてしまって、明らかヤバイ臭いがする。そんな時は、立ち上がってシャワーの水を回りに掛けてください。「塩素ガス」がシャワーの水に溶けて排水溝に流れていきます。

気を付けなければいけないのは、背の低い「子ども」がいる場合です。「塩素ガス」は地を這うように流れていくので、大人の自分は大丈夫でも、子どもが影響を受ける場合があります。特に赤ちゃんがいる場合要注意です。床に寝かせているお子様は、素早く抱き上げて別の場所に移動しましょう。

 

対処方法はあるものの、塩素は「毒ガス」には変わりありません。とにかく「塩素系カビ取り洗剤」は絶対に混ぜない!ことです(^^)/

 

2017y09m20d_160214226

おそうじ革命 品川旗の台店 春原(すのはら)です。

掃除のことなら気軽にご相談ください。

 

◇───────────────────────◇
お問い合わせはこちら

おそうじ革命品川旗の台店 担当:すのはら
[ 営業時間 ] 8:00~20:00
[ 定休日 ] 不定休
TEL:070-3225-4620
◆おそうじ革命品川旗の台店 オフィシャル版HP
http://osoujikakumei.jp/shinagawa_hatanodai

◇───────────────────────◇

TOP